ヨレずにきれい!ミネラルファンデーションの使い方とおすすめアイテム

ミネラルファンデーションとは?

肌に優しいとされるミネラルファンデーションですが、実際どんなものか知っていますか?このミネラルファンデーションとはマイカ・酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄を主原料とされてつくられているもので、それぞれ以下のような効果を持っています。

  • マイカ…雲母(うんも)などとも呼ばれる鉱物。肌への艶や密着力を上げてくれる。
  • 酸化チタン…カバー力に優れており、紫外線散乱剤などにも使用される。
  • 酸化亜鉛…同じく紫外線散乱剤などにも使われる成分。顔料として使われたり毛穴を引き締める収れん効果もある。
  • 酸化鉄…顔料に使われる成分。赤・黒・黄色などがある。

またミネラルファンデーションには定義もあります。開発者が唱える定義によると、合成着色料・タルク・賦形剤・鉱物油・合成香料フリーという5つを満たす必要があるんだとか。

ただし日本国内では詳しい定義はないため、ものによっては不十分なものが販売されている可能性も!そのため選ぶ際には成分表などをチェックし、注意しましょう。

ミネラルファンデーションの種類

そんなミネラルファンデーションですが、実はさまざまな種類が売られています。そこでお次は、ミネラルファンデーションの種類とそれぞれの特徴についてご紹介してきますよ!

パウダータイプ

ミネラルファンデーションの中で一番オーソドックスなのがこのタイプ。ルースパウダーのような見た目をしており、容器に直接粉末が入っています。また肌への負担も少なめで、ナチュラルな仕上がりが特徴です。

リキッドタイプ

ミネラルファンデーションでもしっかりメイクをしたいなら、リキッドタイプがおすすめ。カバー力が高いので、気になる部分や肌の色むらもしっかり隠せます。

プレストタイプ

パウダータイプと混同されることもありますが、こちらはオイルを配合し容器に押し固めて入れられているもの。パウダータイプよりもフィット力が高めとなっています。またプレストタイプは塗りやすいので、初めてミネラルファンデーションを使う人や外出先でのお直し用としてもおすすめです。

クリームタイプ

クリームタイプといっても見た目やテクスチャーが異なり、プレストタイプのような持ち運びに便利なものから、スキンケアクリームのような見た目のものまでさまざまです。またカバー力があるだけでなく、保湿力も抜群。しっとりしているので乾燥肌の人には向いていますが、脂性肌の人だと場合によっては合わない可能性があるでしょう。

クッションタイプ

近年流行中のクッションタイプ。スポンジに液状のファンデーションが含ませてあるもので、使いやすいく忙しい朝でもささっと塗れるのが特徴です。またフィット感があり、みずみずしく仕上がります。

きれいに仕上がる!ミネラルファンデーションの使い方

ファンデーションとブラシのイメージ

出典元:写真AC

それではいよいよ、ミネラルファンデーションの使い方をご紹介。基本的には普通のファンデーションと同じですが、ここでは定番でありながらちょっと扱いの難しいパウダータイプの使い方を詳しくお伝えしていきますよ!

準備するもの

  • パウダータイプのミネラルファンデーション
  • メイクブラシ
  • 化粧下地

準備するのはこの3つ!塗るときはパフでもいいのですが、ミネラルファンデーションをきれいに仕上げたいならブラシがおすすめです。付属のものでもいいですし、自分が扱いやすいものを使ってくださいね。

また化粧下地は、肌に優しいものを選びましょう。せっかくミネラルファンデーションを使うので、同じように添加物の少ないタイプがいいですね。

ちなみに、ミネラルファンデーションのなかには化粧下地効果を併せ持っているものもあるので、その場合は化粧下地は不要です。

ステップ1. スキンケアをしっかりと!

どんなファンデーションでも言えることですが、ベースメイクをする前にはスキンケアが必須。化粧下地やファンデーションを塗る前には、しっかり保湿ケアをしましょう。こうすることで、乾燥によるメイク崩れなどを防げます。

またスキンケアの後、すぐにメイクを始めるのはNG。成分が混ざり合ってヨレや崩れの原因となるため、肌になじむまで少し待ちます。これは化粧下地を塗ったときも同じで、すぐにファンデーションを塗るのではなく、少し待ってから塗ってくださいね。

ステップ2. ブラシにファンデーションをつける

スキンケアや化粧下地が塗り終わったら、続いてブラシにファンデーションをつけていきます。このとき、蓋にファンデーションを少量取り出すのがポイント。容器の方にブラシをつけると量の調節が難しいので、1回分だけ蓋に取り出してからブラシになじませましょう。

またなじませるときは、ブラシをちょっと押し付けるようにし、ブラシの奥までファンデーションが入り込むように。表面にだけついた状態だと、均一に塗れなくなるので気をつけてくださいね。

ステップ3. ふんわり感を意識して塗る

TゾーンとUゾーンのイメージ

出典元:イラストAC

ミネラルファンデーションを塗るときは、崩れやすいTゾーンやUゾーンに要注意。厚塗りしするとヨレや崩れの原因となりかねないため、薄めになるようふんわり塗っていきます。あとはブラシをクルクルと回しながら、内側から外側に向かって塗っていくだけでOKです。

またこのとき、ちょっとしたシミやクマなら重ね付けすることで隠せますが、濃い場合はコンシーラーを使うのがベター。重ね付けし過ぎるとかえって目立ったりヨレる原因ともなるので、ケースによっては同じミネラルタイプのコンシーラーなどを併用して使い分けましょう。

タイプ別で選ぶ!おすすめのミネラルファンデーション

では最後に、おすすめのミネラルファンデーションをご紹介。それぞれのタイプ別でおすすめアイテムを選んでいるので、購入時の参考にしてくださいね。

パウダータイプ:オンリーミネラル ファンデーション

オンリーミネラル ファンデーション

出典元:Amazon

「オンリーミネラル ファンデーション」は、日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・ファンデーション・フェイスパウダーの役割を併せ持つ優れもの。ベースメイクがこれひとつで済むから、コスパ抜群で時短も叶います。

それでいてミネラル100%で、石鹸でオフが可能!肌にとっても優しいから、長時間のメイクでも疲れません。また色のラインアップも豊富なので、自分にあったカラーを探しやすいんですよ。

■レビュー
ずっとオンリーミネラルのファンです。
ムラにならず、綺麗に仕上がります。
一生使い続けていくと思います。
出典元:Amazon

リキッドタイプ:ベアミネラル ベアプロ リキッド ファンデーション

ベアミネラル ベアプロ リキッド ファンデーション

出典元:Amazon

しっかりカバーしてくれるのに肌が疲れない「ベアミネラル ベアプロ リキッド ファンデーション」。肌への密着度も高いため、仕上がりの美しい状態を長時間キープできるミネラルファンデーションです。

ミネラル成分のほかに、バンブサアルンジナセア茎エキスなどの植物エキスを配合。これのおかげで高いカバー力が実現しているんですよ。今までミネラルファンデーションでは物足りないと感じていた人にもおすすめです。

■レビュー
しっかりカバーしてくれるのに肌への負担がなくて良いですね。あまりにもカバー力強いとニキビできることが多いのにこちらは起きませんでした。肌もしっとりして美容液みたいです。

小じわや毛穴にもぴったりつき、一枚の美しい肌へとメイクしてくれますね。おかげで旦那からも同僚からもファンデーション何使っているのか聞かれます。

私、こんなに肌きれいだっけって思える位。しばらく愛用決定です。
出典元:@cosme

プレストタイプ:オンリーミネラル ミネラルモイストファンデーション

オンリーミネラル ミネラルモイストファンデーション

出典元:Amazon

「オンリーミネラル ミネラルモイストファンデーション」は、ミネラル100%のパウダーとホホバ種子油など7種のオイルを配合して作られたもの。肌へしっかりとフィットして、美しく仕上がります。

また小ジワやくすみもキレイにカバー。目立たなくしてくれるのはもちろん、ハイライトのような効果でワントーン明るい透明感のある肌が作れるんですよ。

■レビュー
ブラシで軽く乗せるだけでしっかりカバーできます。着け心地はとても軽いのにもちが良く仕上がりもきれいでした。ケースも薄型なので携帯にも嵩張らず良いです。化粧直しもパフよりきれいに仕上がります。
出典元:Amazon

クリームタイプ:MiMC(エムアイエムシー) ミネラルクリーミーファンデーション

MiMC(エムアイエムシー) ミネラルクリーミーファンデーション

出典元:Amazon

気になる部分もしっかりカバーできる「MiMC(エムアイエムシー) ミネラルクリーミーファンデーション」。クリームタイプですがプレストタイプのような見た目をしていて、持ち運びにも便利です。

ミネラルパウダーを美容液バームに溶かして作られており、保湿力はもちろんスキンケア効果も抜群。しかもこの美容液バームにはスクワランをはじめとした天然成分が11種類も入っているんですよ!まさに素肌から美しさを目指せるミネラルファンデーションといえるでしょう。

■レビュー
こちらは下地なしで使用出来て、保湿力もカバー力もあります。
美容液を塗っているような塗り心地でメイクオフしたあとも肌が疲れていません。
出典元:@cosme

クッションタイプ:アクア・アクア オーガニッククッションコンパクト

アクア・アクア オーガニッククッションコンパクト

出典元:Amazon

国産オーガニックコスメブランドのアクア・アクア。なかでもこの「アクア・アクア オーガニッククッションコンパクト」は、美容液・日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・ファンデーションの機能を併せ持っています。

ミネラルパウダーのほか、保湿力あるイチゴ果汁やオリーブ果実油などを配合しているため、みずみずしく潤いのある肌が作れるんですよ。またシリコーンや鉱物油をはじめとした成分5つがフリーで、石鹸でオフできるのもうれしいですね。

■レビュー
肌によいけれど、艶は欲しく、手軽にぬれる物を探していました!クッションファンデなので手を汚さず、ツヤ肌になれます。保湿も充分。カバー力はそこまではありませんが、くすみなんかは消えます。色もちょうど良かったです。
出典元:Amazon

ミネラルファンデーションで素肌から美しく!

今回はミネラルファンデーションの使い方を中心に、種類やおすすめのアイテムまで詳しくお伝えしてきました。

メイクには必須のファンデーションだからこそ、肌への負担が心配ですよね。でもミネラルファンデーションなら、肌に優しく素肌を労わりながら使えます。ぜひ皆さんもミネラルファンデーションで、肌思いのメイクをはじめてください。